起業における資金調達の方法とその種類

個人事業主も会社設立も!起業を目指す人の資金調達方法を徹底解説!

個人事業主から社長を目指す人まで!起業資金の調達方法全解説!

個人事業主でも会社設立でも、起業するためには、やはり一定額の自己資金が必要になります。 開業には初期投資や当面の運営費も必要です。会社の場合は設立の手続き費用もかかります。 ある程度の自己資金がないと、第三者からの信頼を得られず融資を受けられないことにもなります。

起業のためには必須!まずは自己資金を集めよう

特定の職業について長年の技術や経験がある人や、会社勤めで企業の世界を肌で感じた経験から、新しい事業のアイデアが浮かんだ人など、世の中には、自分で事業を起こしたいと夢見る人は数多くいるでしょう。
職業の技術、また事業のアイデアなどには自信がある、必ず成功すると思っていても、実現するのに高いハードルとなるのが、事業を起こすための資金です。

個人事業主として自分の店を持つにしても、店舗の家賃や、機材などの初期投資にはかなりの金額が必要になります。
会社を興すとなれば、さらに会社設立の初期費用、事務所や機材などの経費、社員へ払うべき給料など、より大きなお金の問題に悩まされることになります。
どんな形にせよ、個人が起業するには、何らかの形で融資を受けるなど、企業資金の調達が必須となります。

このサイトでは、企業を目指す人たちのために、まず自己資金の準備から、会社として第三者から融資を受ける様々な方法。
また国や自治体による起業支援のための数々の融資制度など、個人が起業するための資金調達の方法を集めました。
事業が軌道に乗るまでの初期費用さえ工面できれば、あとは自身の実力次第で、事業はどこまでも成長させることができます。

ここの情報を参考にすれば、起業資金の壁を乗り越えることができて、起業の夢が現実に近づくことでしょう。
安全かつ安心できる方法で起業資金を調達して、自分の能力を生かすための道、その第一歩を切り開いてください。

株主を探せ!株式会社として起業資金を集める方法

ここでは、株式会社を設立する人のために、個人の資産や借り入れではなく、第三者から株主として融資を受ける方法を説明します。 個人では難しい大きな資金を得られる半面、あまり頼りすぎると、自身の経営権が弱まるといったデメリットもあるため注意が必要です。

国や地方自治体が行う起業する人のための融資制度

ここでは国や地方自治体が、新たに起業する人たち向けに行っている融資について説明します。 基本的に国や自治体が経済活性化のために行う公的サービスなので、一般の融資に比べ、利率が低い、条件によっては担保や連帯保証人が不要という利点があります。 その反面、融資を受けるには数々の条件もあります。

TOPへ戻る