個人事業主も会社設立も!起業を目指す人の資金調達方法を徹底解説!

>

個人事業主から社長を目指す人まで!起業資金の調達方法全解説!

起業するのに必要な資金とは?

一言で起業といっても、自分で店などを持って個人事業主になることと、自分が経営者として会社を興すことでは大きく違ってきます。
個人事業主として開業する場合は、基本的に役所へ届出を出すだけですみます。

しかし自分で会社法人を設立して経営者になる場合は、登録免許税や印紙代といった法人設立手続きに必要な法定費用など、まず諸々の手続きが必要です。
そのために10万円から20万円程度の初期費用がかかります。

いずれにせよ会社でも個人事業主でも、起業する時点で、数か月分の店舗や会社の家賃、初期設備の費用。
また経営が軌道に乗るまでの運転資金、当面の生活費など、数百万円単位の額を用意しておかないと、経営がうまくいかない場合、大変なことになります。

起業に必須!まずは自分の財産で自己資金を

起業のための資金調達としてまず第一になるのは、やはり自己資金です。
自身の財産を利用する、働いて貯蓄するなどしてまとまった金額を用意し、それを起業の元手にします。
自分の財産だけに、自由に使えるというのが一番の利点になります。
また出資者などに融資を受ける場合も、一定の自己資金が信用の元になるため、まず自己資金の準備は必須になります。

反面、起業して経営がうまくいかなかった場合は、自身の財産を失うことになります。
自己資金が不十分な場合、親類や友人に借りる方法もありますが、うまく返済できないと人間関係を壊すことになります。
無理な借金はやめましょう。
消費者金融などを利用するのも、返済に苦しむことになるので避けたほうがいいでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る